スペイン夜行列車の旅2日目〜マドリッド〜

8 years ago

2012年1月28日(土)

スペイン旅行2日目の朝。ホテルの近くのマックでコーヒーをテイクアウトし、部屋で前日市場のMERCADO DE SAN MIGUELで買っておいたスイーツを食べる。

20122283

とても美味しかった。

ホテルからスペイン広場まで歩く。

2012228

空が青い。天気に恵まれてよかった。

その後王宮へ。

2012281

20122281

各部屋天井や調度品まで華美。まさに豪華絢爛。圧倒される。

王宮からMAYOR通りを歩いてMERCADO DE SAN MIGUELへ向かう。

20122282

市場の通りをはさんで斜め前にスーパーを見つける。みかんとTORTA INES ROSALES⬇、(甘くてさくっとしていて好み。割れやすいのでお土産には向かなさそう。)

20122287

20122288

そしてPOLVORON⬇を買う。

20122285

20122286

ぼそぼそとしていて非常に甘い。紅茶とよくあう。

市場は非常に混んでいた。

TURRON⬇と、

20122284

昨日買っておいて今朝食べたケーキがおいしかったのでまた買ってしまった。

昨日の夜来たときには見かけなかったチュロスを買ってみた。

20122289

さくっとあがっていて甘くない。

土曜の午後、市場の前の広場はギター弾きがいて、天気も良くパティオでのんびり食事を楽しむ人々で賑わっていた。

その後はTHYSSEN-BORNEMISZA美術館へ。

201222810

チケットの裏面の絵がきれい。私のはモネの絵だった。

2時間ほど過ごし、歩いてソフィア芸術センター(REINA SOFIA)へ。

朝早いうちと日が暮れる夕方頃になるととたんに寒くなる。この日、土曜は14時から21時まで入場無料。ここもチケットの裏面は所蔵品の絵になっていて、私のはピカソのMUJER EN AZURだった。

窓から真っ赤な夕焼けが見えた。きれいだった。中は広く、芸術のなかを漂う気分だった。

夜も更けて、22時過ぎとなった。タパスの時間だ。LAS BRAVASへ行った。ファーストフードの店のように煌々と明るい店内は満席だった。ちょうど運良く席があいてなんとか座ることができた。さっそく店名にもなっているPATATAS BRAVASを注文。ほくほくに揚がった熱々のポテトにピリ辛のソースがかかっていて、おいしい。同じソースがかかったポテトのオムレツも注文した。このオムレツにもソースがよくあい、とろっとしておいしい。他にハムのコロッケも注文し、ビール2杯にオレンジジュース1杯で20ユーロ。ラーメン屋のようにさくっと食べて外に出る。ここはぜひまた来たい。

よく歩いた日だった。心地よい疲労感を感じていた。

201222812

預かってもらっていた荷物をとりにホテルに戻り、148のこの日最終のバスをキャッチ。バスでのんびり夜景鑑賞しつつ長距離バスステーションへ。時間をもて余していたし、最寄りの地下鉄はエスカレーターがなく、スーツケースを抱えた身としてはバスのほうが楽なのだ。

バスステーションは深夜1時を過ぎても人が多く、セキュリティーも巡回しているのでさほど危険は感じなかった。歯磨きをしたり今後の予定をたてたりしているうちに出発の時間になる。

グラナダへの夜行バスはほぼ満員だった。念のため酔い止めを飲んでおいた。バスは予定どおり深夜1時半に出発。5時間後にグラナダに着予定。

今回、移動にかける時間を節約するため、移動は夜行列車と決めていた。ホテル代も節約できる。マドリッドーグラナダ間も、本当は電車が良かったのだが夜行列車がなかったので仕方なく夜行バスを選んだのだ。

バスはおもったより快適だった。前方にテレビが備えてあり、今どこを走っているのかわかるようになっている。トイレはなかった。ドアは先頭と真ん中の二つあった。車内は暑かったが、途中1回の休憩があり、その間ドアを開けっ放しにするので急に車内が寒くなった。アイマスクに耳栓も持ってきていて、用意は万端だったが、すぐ後ろの席の女性2人組が途中休憩の後からずっと喋りっぱなしだったので、用意してきてよかったと心からおもった。

3日目へ続く。

1日目はこちらから。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村