Torontoでも寿司ネタ偽装

10 years ago

5月9日土曜日付けの新聞、Toronto Star紙の1面には、Raw dealと題して、トロントの寿司レストランにて高級魚のRed Snapperをタイと称して、さらに、ティラピアが使われている事実を伝えていた。

なんだか紛らわしいが、ティラピア(Tilapia)と鯛(Seabream)とRed Snapperはそれぞれ別の魚なのだ。

市内の12の寿司レストランより、タイもしくはRed Snapperとしてメニューに載っているものをテストしたところ、10店がティラピアだったそう。鯛が供されていたのは2店だけだった。

12のレストランのリストと住所の詳細が載せられていた。

そして、興味深いのは、各レストランのコメント。

そもそもティラピアとRed Snapperの区別を知らないシェフもいるし、知っていて、他の店でも皆そうしている、というコメントが大半だが、なかには、ティラピアのほうがRed Snapperより質が上だとか、大半の客は知っていることだ、といいいきるシェフもいて驚く。

さらに、ティラピアはRed Snapperの5分の1の値段で手に入ると書かれていて、リストには、各レストランがタイもしくはRed Snapperと称して供しているティラピアの値段も掲載している。そして値段を比べると、ティラピアは鯛を出している店の半額がそれ以上の値段がつけられていた。

日本でも、激安回転寿司の値段のからくりとして、ティラピアだけでなく、他の種類の寿司ネタでも偽装が多くあるらしい。

そもそも、ティラピアは比較的あたらしい魚で、聞こえがよいのでイズミ鯛とか、チカ鯛という名前がつけられたそう。ただ、繁殖力が非常に強く、高級魚とはほど遠い。味も、鯛に似ているというが、、、調理方法によるとおもうが。

なにはともあれ、ありがとう、TorontoStar紙!!

sushilist

sushilist2

この記事のその後が掲載されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村