ランディングしない選択~カナダの空港にて~

10 years ago

yongefromcollege

前回はこちら。

そもそも、出国するときは、どの国の出国審査もたいてい問題ない。少々問題なのは、チェックインするときの航空会社のカウンターでの対応だった。
私は、カナダでの滞在方法として、観光ビザの延長を、日本へ帰らず6ヶ月ごとにカナダ国外へ出る、ということを何回かした。いつもJ次郎と一緒に、旅行にでかけたが、そのたびに、カナダでのビザがないことがわかると、別の職員がでてきて、説明したり、時間がかかった。

最初から、カナダでは観光ビザで滞在するつもりだ、などと言っていたらインドでも面倒くさいことになっていただろう。

さて、カナダに着き、カナダの入国審査官にパスポートを見せると、今日はランディングだね?と聞かれた。

私は、2ヶ月後ごに日本へ帰りたいけれど、今申請したらPRカードが間に合わないからランディングは日本から帰ったときにしたいので、今日はしない、と伝えた。

すると、じゃあなぜカナダへ戻ってきたんだ、と聞かれた。なるほど、もっともな質問だとおもった。正直に、コモンロー関係であるJ次郎と暮らすためだというと、カナダに住んでるのか、と聞かれ、そうだ、と答えると、無言でパスポートを返した。

そして指示されたとおりいつもの隣の部屋へ行った。

20代半ばと思われる女性の審査官のカウンターへ行き、先ほどと同じ説明をし、ランディングは今回しない旨を伝えると、彼女は、困惑した表情になり、ここにはONCEと書かれているから、ランディングしなきゃいけないのよ、という。私は、努めて感じ良く、そうではないとおもいます、というと、彼女は席を離れた。端のほのうカウンターには、いかにも仕事も人生もベテラン、といったふうなどっしりとした体つきの女性がいて、先ほどの女性は彼女に質問している。その度にそのベテラン女性は、OK、OK、she is OK、と繰り返している。

そして再び私は呼ばれ、ではいつごろランディングするのかをきかれ、2月中にはできる予定、と答えると、彼女はパスポートに入国のスタンプを押し、私はその部屋を後にした。

にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村