UPSと交渉して旅行中に荷物を無料で預かっておいてもらうことになったら

2 months ago

オンラインショッピングGAPでセール品から更に50パーセント引きのプロモーションがやっていて、100パーセントメリノウールのセーターが税込みで22ドルになっていた。これはなんてお得なのだろう、と迷わず購入した。

10日後に旅行に行く予定があったが、支払い前に表示されたお届け予定日は、旅行出発日の前日。GAPは発送が迅速で、いつもお届け予定日よりだいぶ前に受け取っていたから、今回も大丈夫だろう、と、たかをくくっていた。

 

そして、旅行出発日前日のこと。

まだ届いていない。

追跡システムを確認すると、この日に届かないことがわかった。翌日の出発日当日にお届け予定日が変更されていた。

GAPは注文後すぐに出荷していたが、はるばる西海岸のBCから発送されていて東部のトロントまでかなり時間がかかったようで、追跡システム上では予期せぬ都合により配達予定日より遅れる、とのこと。車での輸送なのか?

これは困った。受け取れない場合、自宅の最寄りのUPSステーションで3日ほど保管したのち、発送元であるGAPに送り返されてしまう。そしていわゆる返品扱いとなり、セーターの料金は戻ってくるが、せっかくの掘り出し物が惜しいではないか。

なんとかならないものか。そもそもUPS側の問題でお届け予定日に着かないわけで、これを全面的に主張して交渉してみることにした。

ゴールは2通り。

その1、自宅最寄のUPSステーションにて、旅行から帰ってくるまでの間(15日間)無料で保管してほしい

その2、もしくは、受け取りの住所をJ次郎の実家にかえてほしい

 

UPSはカスタマーサービスに良い印象がなく、配達もいい加減なので、ダメもとでJ次郎が電話した。

そして、交渉した結果、2の案はGAPを通さないといけないので煩雑すぎて却下、しかし、1の案の、UPSステーションで保管してもらうことになった。受け取りは旅行から帰った後になる。

保管は無料なのを何回も念おしし、電話で会話した相手の名前も聞き、ケースナンバーとともに控えた。

 

たった一度の電話、しかも一人としか話していなくて、こんなに思い通りに物事が運ぶなんて、なにかの間違いではないかと、ちょっと半信半疑だが、答えは15日後だ。

無事受け取れますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ