ウオールマートに返品を拒否されたのでBBBに訴えてみたら

1 year ago

ウオールマートのサイトで手ごろな値段の中華鍋をみつけて買った。この商品についてアマゾンなど他社のサイトでも調べてみてレビューもまずまずだったので、お得な買い物をしたと思い、楽しみに待っていた。

商品は迅速に配送され、ほどなくして受け取ることができた。ところが、問題をみつけた。

本体との接続部分の接着が甘く、取っ手の付け根がぐらぐらしている。危険そうだし、返品することにした。

オンラインフォームでは欠陥について具体的な説明をしなくてもよかったし、写真を送ることも要求されず、返品申請は簡単に済んだ。さすが大手。が、しかし、その2日後にカスタマーサービスから想定外のメールが届いた。

商品はクリアランス品のため返品は受付られません。製造元のメーカーに問い合わせてみたらいかがでしょうか。

という内容だった。

しかし、法律によると、店側はクリアランス品であろうと、欠陥品については返品もしくは交換に応じなくてはならないのだ。

そこで、断固食い下がることにした。

返信を試みるも、カスタマーサービスから受け取ったメールには返信できないようになっている。なんだかおかしい。
不服なら電話するようにと添付されたカスタマーサポートに電話するも全然つながらない。20分待ってギブアップ。
チャットを試みるも、この件に関してオペレーターには繋がらないシステムになっている。これをチャットと呼ぶんだろうか。やっぱりおかしい。
それなのにメールには、1週間以内に返答がなければこの件はおしまいだからね、と書かれている。

ここで、ウオールマートのことを調べてみることにした。

まず、BBBという消費者と店側のトラブルの仲介を請け負う機関があり、そこで過去のウオールマートに対するクレームの履歴を読み込んだ。個人で直接クレームしてみてもたらいまわしにされるか返信がないかで解決は望めないが、BBBを通すとあっさり解決している様子。

ということは、解決するにはやはりBBBにお願いすることになりそうだ。

ただし、BBBに仲介をお願いするにしても、その前にしかるべき手順は踏んでおかなければならない。

記録を残すためにも、まずウオールマートにあらためてメールを送ることにした。

これまでのいきさつを説明し、
オンラインで買ったのだから自分で購入前にチェックできなかったこと。つまり欠陥品だとオーダーする前に知らなかったこと。
法律によると、企業は欠陥品については返品または交換に応じなければならないこと。
ウオールマートは自社のサイトで商品の品質を重視し、保証していること。
以上のことからウオールマートは返品及び送料含む返金に応じるべき。

という旨を送信した。

続く。

にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村