コンドの自転車置き場で自転車が盗まれる

4 years ago

ダウンタウン内やちょっとした距離の移動なら、自転車があるととても便利なトロント。最近は新たにバイクレーンも整備され、自転車派にはありがたい。交通費もかからずエコだし健康にはいいし、自転車はおすすめなのだが、難点は盗まれやすいということ。

J次郎の友だちのKちゃんは、3000ドルはする自転車を中古で知人から500ドルで譲り受けた。

ところが、その自転車が、昼間、ダウンタウンのヤング&カレッジ周辺に停めてときに盗まれてしまった、という話を聞いて、あー、やっぱり高い自転車は盗まれてしまうんだ、盗まれて不便なおもいをするよりは、快適に乗れさえすれば、私にはリーズナブルな自転車で充分だわ、とおもっていた。

そして、リーズナブルな自分の自転車が盗まれた。

自宅のコンドの地下の駐車場で。

忽然と自転車が消えていた。

一瞬どこかに停めたまま忘れてきてしまったのかと焦ったが、最後に乗って帰ってきた記憶は確かにある。

ウチのコンドは、自転車をエレベーター内に持ち込むことは禁止されており、部屋のなかに持っていくことはできない。
そして、地下の駐車場内での自転車置き場の決められたところに毎月5ドル払って停めなければならない。

コンドの駐車場で、毎月5ドルも払わされて、盗まれるなんておもってもみなかった。

私の乗っていたschwinnの自転車は比較的新しく、まだ半年も乗っていなかった。

初夏のころにカナディアンタイアでセールになっていて、270ドルを150ドルで買ったのだった。

金額的には高くないので、まさか盗まれるなんておもってもみなかった。壊されにくいとされるU字ロックをしていたし。

ただ、こうしておもいだしてみると、値段の割には意外と評判がよく、いいバイク乗ってるね、とよくいわれたっけ。

そして、悪かったとすれば、自転車を置いておいた場所かもしれなかった。駐車場の隅のほうの、さらに太い柱の陰になっているところだったので、誰かが何か作業していても全然わからないような場所。

さっそく、同じところに停めてあるJ次郎の自転車をもっと人目につくところに移動させるべく、コンドのマネージメントオフィスへ行った。

マネージャーに事の次第を話すと、この10年で自転車を盗まれたとの報告はまだ一度もないが、過去に車上荒らしはあったそう。しかも、車上荒らしはセキュリティーカメラに映らないように壁にはいつくばるようにして侵入してくるので、カメラには映らないので犯人を特定することもできなかったとのこと。

部屋のなかで保管することもできず、お金を払わせて駐車場に停めるように強制するのならもっと警備を強化してほしいと訴えるも、これ以上カメラを増やすこともするつもりはないし、他の住民を刺激したくないのでこの件も車上荒らしの件同様公にするつもりもないと言われてしまった。

住民のことを考えているとはおもえない発言。ちなみにFirstService Residentialというマネージメント会社です。

前住んでいたコンドは駐車場内から外に出るときにもキーが必要だったので、運よく誰か入れても出ることも難しかった。

ところが今のコンドは外から駐車場へ入るときには扉を開けるキーが必要だが、外に出るときにはキーはいらず、自動的に開くようになっている。このキーもひとつ45ドルも払って買わされていた。

いろいろ考え、コンドの駐車場だから、利用料を払っているからといってすっかり油断してしまっていたのだということに気づいた。蓋を開けてみると、セキュリティーが高いわけでもなく、むしろ逆かも、というはなしだった。そして犯人はコンドのそうした事情も知っていたのではないかという気もする。

さて、冒頭に書いたKちゃんには後日談がある。

Kちゃんは、壊された鍵の写真を撮って、鍵の製造元の会社に送り、その会社から鍵の値段を弁償してもらったそう。

そして、盗まれてからしばらくの間ローラーブレードでダウンタウンを探し回り、見事みつけたのだった。

転んでもただでは起きない女、Kちゃん。あっぱれ。

私も見習いたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村