ジェーン グドール博士のお話を聞きに行く

7 years ago

良く晴れた清々しい秋晴れの日曜の朝、チンパンジー研究の第一人者、ジェーン グドール博士のお話を聞きにダウンタウン、CARLTON ストリートにあるLOBLAWSへ行った。

まさかお話を聞く機会があるなんて夢にもおもっていなかったので、LOBLAWSに来ると知ったときから楽しみにしていた。

講演はLOBLAWSの1階で行われた。私たちが着いたときにはすでに席が埋まりつつあったが、空いている席を確保することができた。

スピーチははじめに、ウーホッホッホッホーと、おそらく人間では彼女のみ習得しているであろう、チンパンジー語(?)の披露ではじまった。そして、彼女のてがけるフェアトレードのオーガニックコーヒーにまつわる、アフリカの森林や自然、動物保護、ひいては地元の村にどのように貢献するのか、というとてもためになるスピーチだった。

こんなに間近でお話を聞くことができて感激。大変だけれども英語を勉強して本当に良かったと心から思えた。

スピーチの後には質疑応答もあり観客席からの質問に丁寧に答えていた。

会場の中からの質問のひとつ、チンパンジーに興味をもつきっかけについては、ターザンが大好きだったそう。そして、でもターザンは違うジェーンと結婚してしまったのよね、と付け加えて会場内の笑いを誘っていた。

ユーモアのある、とても素敵な方だった。

コーヒーは試飲もあったのでいただいたが、これぞコーヒー、というまた飲みたくなる味で、とても美味しかった。

彼女はもう80近いというのに、私利私欲ではない目的のために精力的に活動している。

日本の偉い政治家の方々には、是非、コーヒーだけでなく彼女の爪の垢も煎じて飲んで頂きたいところ。

日曜の朝、前向きな気分になれた、有意義なひとときだった。

にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村