フランシスコザビエルの遺体が安置されている教会

8 years ago

ゴア最終日。

ホテルのチェックアウトは12時。それからさくっと観光してバンガロールに帰る予定だった。

12時前にロビーに集まったのは私たちと、車の持ち主のパンツ君のみ。

12時半過ぎ。外に朝食を食べにでていて携帯もつながらなかった2人がホテルに到着した。やっと出発できるかとおもったが、パンツ君の車にガソリンがほとんどないのでガソリンスタンドに行った。が近所にみあたらなかったのですぐに戻ってきた。

そして、皆でなにやらヒンズー語で会話しているが、英語で、それは無理だとおもう、などと聞こえてきたところでひとりが走って行った先は、

↓目の前の黄色の建物。

312010

↓ よくみるとキオスクみたいにおばちゃんがいて、ガムや飴などが並べられている。

31201011

私は近くのガソリンスタンドへの道を聞いているのかとおもったが、違った。そこは貸しバイク屋で、彼が抱えて戻ってきたのは、これ↓

3120102

3120103

こうしてめでたくガソリンが補給できたところで出発できたのは1時過ぎ。

向かった先は、砦。

3120104

すごーく暑いので、すぐに灯台の日陰に避難した。

3120105

しかし、数人が暑い中延々と写真を撮っていた。インド人は写真好きらしい。最近は、特に自然なポーズで撮るのが流行っているらしく、不自然に自然な写真を撮っていた。

↓次に向かったのは教会。

412010

見事な教会だった。そもそも私がゴアにくることを妥協したのは、この観光が目当てだった。

↓天使の上の窓がついた棺にフランシスコザビエルの遺体が安置されている。

4120101

↓出口へ向かう回廊

4120102

↓回廊からトイレへ向かう途中でお昼寝中の子犬たちを発見。

4120103

パンツ君が財布を無くして探したりひとりが耳が痛くなって薬局を探したりして教会を出発したのは午後4時近く。

帰りは行きもずっと運転してくれ、強引にタイヤ交換にもっていったタイヤ君がまた運転してくれた。

この彼、3ヶ月で30キログラム痩せたそう。J次郎も30キロ痩せたが、2年くらいかけたのに。彼いわく、毎日3時間ジムで運動し、液体をおもに摂取するリキッドダイエットをしたそう。朝食には牛乳を1リットル飲んだというが、子牛か。

また、彼は道で子猫をみつけ拾って帰りたがったが、まだ400キロは走るので残念ながら却下されていた。

バンガロールのホテルに戻れたのは次の日の朝10時半過ぎだった。やはり12時間以上はかかった。今回わかったのは大勢で移動する場合収拾がつかなくなるので、休憩時間が限られている長距離バスに乗るべきだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村