名前を変えたバーガーキング

9 years ago

はるばるトロントからシドニーへ着き、国内空港へ移動して夕方乗るVirginAirlineへ荷物を預け、ローカルバスに乗ってBondi Beachへと向かった。

ボンダイブルーという名までついた海の色をみて感動したかったのだ。さぞきれいだろうとおもっていた。

ところが、この日はあいにく曇り。雨もぱらぱらと振り出し、寒い。

marsbar

次のフライトまでビーチでのんびり過ごす予定で、あえてトロントから預け入れ荷物にはせず、水着も用意してきたというのに。もちろん私しかかぶっていなかった、つばの広い麦藁帽子は雨まじりの海風に何度も飛ばされそうになり、もはや何の役にも立たず、むなしいだけ。

こうしてささやかな夢はあえなく破れたが、気をとりなおして、腹ごしらえ。

海岸線に沿った通り、バスを降りたすぐ目の前にある、チキンがメインのファーストフード、OPORTO(←クリック)へ。

oporto1

oprto3

ピリ辛のソースが有名らしいが、思ったより辛い。ソース少なめにお願いしておいてよかった。

チキンだし、辛いし、インドでウケそう。

そして、その隣の店は、、、

oporto11

このロゴ、よく見ると、バーガーキングのそれと一緒。

メニューもチェックしてみると、ほぼ同じ。

後日、オーストラリア在住の友人に聞くと、間違いなくバーガーキングだそう。

彼女曰く、バーガーキングがオーストラリアに進出したとき、すでに同じ名前の店が存在し、裁判するも負けてしまい、オーストラリアではハングリージャックスという名前になったそう。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

↓ 特に子供がかぶっているのをよく見かけた。
紫外線対策先進国オーストラリア発、紫外線をブロックする帽子