カナダでアイスホッケー観戦

10 years ago

試合会場へは、6時から入ることができた。入り口で、なかで飲もうと思っていた先ほどのtailgateパーティーでもらったコーラは没収された。だが、全員に記念のTシャツを配っていて、XLしかなかったが、私とJ次郎は一枚づつもらった。

試合開始まではまだ時間があったので、ショップをのぞいてみた。エアカナダセンターは、アイスホッケーのトロントメープルリーフスと、バスケットボールのラプターズの本拠地である。メープルリーフスのグッズ、ロゴの入った子供用から女性用、大人用のジャージやTシャツなどの服は様々なものがあった。J次郎はラピュターズのキャップが欲しくなったようだった。

よくみると、値下げしてあるものもたくさんあり、半額以下になっているものもあった。その中でも、最終的に1ドルにまで値下げされているコーナーを発見し、1ドルの室内スリッパ2足と、やはり1ドルのリストバンド、2ドルのキャップを買った。

その後、ロジャースの懸賞のコーナーをみつけ、応募すると、メープルリーフスのロゴのはいった、フエルトのような厚い布でできたランションマット大の、barマットなるものをもらった。

アイスリンクが設置されているだけあって、中は寒く、着てきたジャケットの上から、先ほどもらったTシャツをさらに重ねてきた。

この日は正式には、プレシーズンであり、慣らしの試合らしく、両チームとも、選手をめまぐるしく交代した。

アイスホッケーは、激しく、危険なスポーツだった。選手は、ものすごいスピードで氷の上を滑りながら、押し合い、へし合いし、つかみあい、小競り合い、ぶつかりあったり、大きな音をたてて壁に激しく衝突したりした。選手同士のいざこざも頻繁におこり、相手につかみかかり、乱闘になると、観衆は、総立ちになり、歓声が沸いた。

このスピード、迫力、といった臨場感はテレビ中継では味わえないものがある。

選手が追う、小さな黒いパックは、私には速すぎてすぐに見失い、常に試合の流れを把握するのは少々難しかった。

また、天井から下がっているスクリーン上では、休憩時間や試合の合間に、いろいろ映し出されたり、行われたりするので、退屈することもなく、あっというまに時間が過ぎていった。

ちなみにこの日はメープルリーフスが勝利した。

帰りには、余ったコーラを配っていて、私とJ次郎は欲張り、ショップで購入したときに入れてくれた袋はずっしりと重くなった。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ